FIP(猫伝染性腹膜炎)とは、
猫がかかりやすい病気の一つなのですが、

一度発病するとかなり死亡率が高く
注意が必要となっています。

 

FIPにかかってしまったら

多頭飼いをしている場合や純血種の方が
FIPを感染しやすいことが知られており、

6か月から3歳の猫に多く、
発病率は全体の1~5%程度です。

 

FIPの感染経路については
はっきりと解明されていないのですが、

感染した猫の排泄物や食器、
グルーミング、ケンカなどから
感染すると言われています。

 

しかし、腸内で変化して
コロナウイルスになるため、
接触による感染はないという説もあります。
 

 

FIPはすべての猫が発症するわけではない

 
FIPにかかると、若い猫では
数日から数週間で
症状が出るという場合もあります。
しかし、ほとんどの猫は
FIPに感染しても発症しません

 

他の病気や栄養不良、妊娠、
免疫の低下などといった要因により、
一部の猫だけが
FIPに発症するとされており、
経過は1~16週間程度となっています。

 

 

FIPには2種類ある

 
FIPには
食欲が減ったり、痩せてきたり、
発熱などといった症状が出てくるのですが
腹水や胸水が溜まるウエットタイプと、

神経や腎臓、肝臓などの機能が低下して
体内に液体が留まらなくなる
ドライタイプという2つの種類があります。

 

それぞれのFIPの症状や治療法について
知っておくと良いでしょう。