愛猫が病気にならないためには、
予防にも気を付ける必要があります。
猫

まず、猫を外に放し飼いにしていることで、
車にぶつかってしまったり、
ノミをもらってきてしまいますので、
出来る限り室内で飼うようにしましょう。

 

室内で飼うことにより、
外に出たときの怪我や感染症なども
防止することができ
健康を維持できるようになるのです。

 

 

ワクチン接種は忘れずに!

 

ただし、室内飼いの場合でも、
ワクチン接種は必須となってきます。

 

室内飼いであっても、人間が出入りすることで、
様々なウイルスを自宅に持ち込んでいますので、
病気を防ぐためにもワクチンを接種するようにしましょう。

 

猫を室内で飼った場合、
運動不足状態に陥りやすくなってきます。

 

猫は、放置しておくことで
一日中眠り続けてしまい
運動量が足りなくなってしまいますので、
肥満防止のためにも毎日遊んであげるようにしましょう。

 

 

猫じゃらしで遊んで運動不足解消を!

 

この時猫じゃらしで遊んであげると、
体を動かすことで病気の予防に役立ってきますし、

ストレス解消も行えるようになりますので、
精神面の健康も保てるようになってきます。

 

 

どうしても猫じゃらしで
遊んであげる時間がない方は、

運動量を増やすために
キャットタワーを購入したり、
電動で遊べるおもちゃを購入してみるとよいでしょう。